RISMの具体的取り組み

以下の取組みを実践、継続していくために、マネジメント監査(内部監査)および外部監査を軸とした、経営全体でPDCAを行っています。

環境管理(ISO14001)への取り組み

環境保全企業の責任を自覚し、環境法令の基準値を上回る自主管理基準を設け、廃棄物の適正処理と再資源化によるゼロエミッションの実現、CO2排出量、エネルギーの低減などに取り組んでいます。

情報管理(ISO27001)への取り組み

取り扱う廃棄物の中で情報機器の占める割合は高く、万全な情報セキュリティを実現しています。顧客情報などの漏洩防止のため、機密保管、データ消去など、厳格な基準に基づいて実施しています。

労働安全衛生管理(OHSAS18001)への取り組み

廃棄物処理業の労働災害率は他の業種と比較しても依然として高いのが現状です。従業員が安心して働ける職場作りを推進すると共に、労働災害によってお客様の処理スケジュールに遅延が生じることのないよう取り組んでいます。

リスク管理(JISQ31000)への取り組み(日本規格協会による指針)

法令遵守

「法務部」が中心となり複雑な廃棄物処理法の社内勉強会を頻繁に開催しています。常に廃棄物処理知識のレベルアップを図ることで適正処理を実現しています。

委託先・売却先・収集運搬事業者の監査

2次委託先の不正行為は排出事業者の責任となるため、リーテムの委託先、売却先に関しても監査を実施。またお客様に紹介する収集運搬事業者の監査も実施しています。