サスティナブルとは

なぜ世界は、サスティナブルな社会をめざしているのでしょう

地球は人間だけの物ではありません。地球の環境容量と資源には限りがあり、すべての生物がバランスをとりながら分かち合う事が必要です。それなのに人間は、経済の発展こそが幸せの理想であると思いこみ、便利で快適な暮らしを求め、企業の利潤追求ばかりに目を向けてきたため、世界中でさまざまな環境問題や社会問題を引き起こしてきました。
1992年ブラジルで開催された第1回地球環境サミットにおいて、初めて「持続可能な発展」という考え方が発表され、環境保全が必要不可欠であることが全世界に提起されました。これが広く世の中のキーワードとなっているサスティナブル(持続可能な)や、サスティナビリティ(持続可能性)という言葉の由来です。

リーテムは
「環境保全」「社会利益」「経済メリット」の
三者のバランスを取りながら発展していくことこそ、
サスティナブル(持続可能)な社会だと考えます。