カーボンフットプリント導入支援コンサルティング

カーボンフットプリント(Carbon Footprint)とは、製品やサービスのライフサイクル全体にわたって排出された温室効果ガスをCO2に換算して表示するものです。環境に与える負荷を具体的な数字で“見える化”させることで、CO2削減の取り組みへの足がかりとなります。リーテムではLCA分析結果や豊富なノウハウを活かし、カーボンフットプリントの導入をサポートしています。

こんな支援ができます!

LCA分析手法を確立したリーテムが、カーボンフットプリントの算出・設定など、そのノウハウをご提供し、算出結果からデータの表示方法までをご提案します。

  • CO2排出量を算出するための基本条件(対象商品、範囲、項目)を確定
  • 算定ルールの設定
  • 関連データ収集
  • CO2排出量の算出、表示
  • クリティカルレビューの実施

コンサルティングの流れ

基本条件の決定

CO2排出量を算出するための基本条件を決定します。

  1. 対象商品の選定、確認
  2. 対象とするライフステージの範囲の確認
  3. データ収集対象項目等の条件確定

算出ルールの設定

CO2排出量算出にあたって、算定のための各基準などの詳細なルールを設定します。

  1. 配分(アロケーション)基準の設定
  2. カットオフ量基準の設定
  3. サプライヤー調達基準の設定

関連データの収集

ライフサイクルインベントリ分析※を中心とした詳細調査を行いCO2排出量算出に必要なデータを収集します。

※ライフサイクルインベントリ分析:製品ライフサイクル個々の段階における原料・エネルギーのインプットと排出物のアウトプットの分析。


CO2排出量の算出・表示

収集したデータと二酸化炭素(CO2)排出原単位を基に、CO2排出量を算出し、そのデータの表示方法をご提案します。


クリティカルレビューの実施(オプション)

信頼できる第3者機関に依頼し、カーボンフットプリント算出結果の客観的評価を行います。

コンサルティングに関するお問い合わせはこちら