LCA分析コンサルティング

LCA(=Life Cycle Assessment)とは、一つの製品が生産され廃棄されるまで、つまり原料の調達から製品の使用、廃棄処理させるまでに発生する環境負荷を数量的に示す分析手法のことです。
しかし、「原料調達から使用まで」の消費エネルギー分析は一般的になっていますが、「廃棄段階」までを含めて分析したものは、あまり多くはありません。
リーテムは廃棄段階のLCA分析にいち早く取り組み、製品が廃棄されるプロセスで排出されるCO2の排出量を、製品のマテリアル(素材)分析データ、処理フローデータを基に算出。コスト、リサイクル率、CO2排出量の3つの指標で分析することができます。生産から廃棄までを追求した本当のLCA分析といえます。リーテムのLCA分析コンサルティングにより、お客様のCO2排出量の管理と削減に向けての取り組みがよりスムーズになります。

こんな支援ができます!

廃棄物処理業界では稀なLCA分析手法を確立したリーテムが、お客様のサイトでのLCA分析やデータ収集についてのノウハウをご提供し、その分析結果から、その先の活用方法までをご提案させていただきます。――「LCA分析支援プログラム」による支援

  • CO2排出量算定に必要な情報、データ収集
  • CO2排出量の算定、分析、報告
  • LCA分析の今後の活用方法等のご提案

コンサルティングの流れ

調査

お客様の事業所でCO2排出量算定に必要な情報を収集します。

  1. 現場確認(工場、事務所)
  2. データ関連の収集

算定・分析

収集した情報を基に、CO2排出量を算定しLCA分析を行います。


報告

結果を報告書にまとめ、ご報告します。また、報告会と合わせ、CO2の算定方法などCO2全般に関する教育も行えます。

  1. LCA分析結果報告
  2. 算定方法のご説明
  3. LCA分析の活用方法等のご提案

コンサルティングに関するお問い合わせはこちら